指定石材店制を導入している多くの民間霊園

指定石材店制を導入している霊園には注意をするべきことがあります。
多くの霊園では、特定の石材店の広告を持参したり、指定をしたりしない限りは、自動的に石材店を振り分けられてしまう決まりになっています。

 

後々自分で数社ある指定石材店の中から、気に入った石材店を選ぶことが出来るワケではありません。
霊園を訪問したその瞬間に、石材店が振り分けられてしまうのが一般的となっていますのでご注意ください。現在におきましては多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあります。
この指定石材店制というのは、霊園でお墓を建てる時に、指定の石材店においてお墓を建てるという規約となります。 「霊園を探しているけどなかなか納得のいく霊園が見つからない」と悩みを抱えている人も多いかと思います。
そんな時に適当に決めてしまうと後々後悔をすることになってしまうので失敗をしない選び方を実施しましょう。



指定石材店制を導入している多くの民間霊園ブログ:20210624

人は赤ちゃんを産むと親馬鹿になる。
親馬鹿は親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母であるなら
我が子供がどんな体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母として当たり前の反応なのである。

これが夫になると
親馬鹿に余計に拍車がかかる。

むすめが歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
男の子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

夫は自分で妊娠や出産をしていないために、
奥さんが思っている以上に親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
奥さんも夫も親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子供にとっては
親が親馬鹿になってくれるからこそ、
子供は脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば子供が一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから子供は脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしもパパも母も
「子供が一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
子供は脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

親が親馬鹿になってしまうのは、
子供が非常に可愛い顔をしているからである。

実は子供が非常に可愛い時期と、
親が親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

子供が非常に可愛いからこそ
親の理性のタガが緩んでしまい、
親は子供をとことん可愛いがることによって、
子供は脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。