公営墓地は自治体が管理をする霊園

公営墓地は自治体が管理をする霊園


公営墓地は自治体が管理をする霊園
公営墓地は自治体によって募集方法は少々異なっていますが、新聞などで年1回公募されることで抽選で入手者が決定されます。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。

都心で非常に便利なエリアにある公営墓地というのは非常に人気が高くなっており、何年経過をしたとしても入手することの出来ない人が多数いらっしゃいます。
募集時期や応募資格、さらには応募方法等に関して、各自治体の霊園課などに確認をしましょう。各都道府県、また市町村など自治体が管理や運営を受けている霊園のことを公営墓地といいます。
お墓を建てるためには、そのお墓を使用することとなる権利を取得する永代使用料が必要なのですが、公営墓地の場合におきましては、民営の墓地と比べて、永代使用料や年間管理費が安価となっています。 霊園というのはその地域と管理状況などによって権利を買う価格が大きく異なっています。
どんなに安い霊園だったとしましても、ほとんど管理をしてくれないような霊園では後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。




公営墓地は自治体が管理をする霊園ブログ:20210505

ミーたち夫婦は、
若い時から親しい仲間を何人も亡くしています。
しかも、突然であるケースが多かった…

ある日のこと。
ミーたち夫婦は、
「黄泉がえり」という映画を家で観ました。

この映画は…
あるエリアで、その場所で亡くなった方が、
短い一定の期間だけ生き返って戻ってくる…というお話です。

戻ってきた人たちは、歓迎されたり、戸惑われたりしながらも、
亡くなる前に言い残したこと、やり残したことを伝え、行うために、
限られた時間を残された家族たちと過ごします。

そして、またこの世を去っていくのです。
残された家族や仲間たちは、その最後のメッセージを胸に、
新しく人生を生きていこうとします。

当時のミーは、
この映画を納得して見終えることができませんでした。

それは、もし、亡くなった仲間に同じことが起こったら、
また去っていく時に、あまりにも悲しすぎるじゃないか…と
思ったからです。

なぜだか、
ものすごく悲しくなって、この思いを家内に伝えたのです。

今思えば、
去っていった仲間自身がやり残したことを思ったのではなく、
ミー自身が彼らに伝え、
やってあげられなかったことへの後悔がそうさせていたのでしょう。

そんなミーに、
家内はこう言ったのです。

「死んだ人はね、けっして生き返ったりしないんだよ」

その言葉に、はっとしました。
家内だけではなく、家内にとっても、
同じように大切な仲間達です。

こんな話をされたら、
家内だって仲間を思い出して悲しくなります。
ミーはそれを忘れて、自らの中ばかりを見て浸り込んでいたのです。

けれど、そんなミーに家内は、自分の悲しみをおさえて、
自分の中に浸り込むのと、
自分自身をきちんとみつめて、直面していることを受け入れること
とは違うことを伝えてくれたのでした。

公営墓地は自治体が管理をする霊園

公営墓地は自治体が管理をする霊園

★メニュー

お墓をローンで購入するケースが多い
公営墓地は自治体が管理をする霊園
メリットが多い民営の霊園を利用する
自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう
立地条件は霊園選びで大切
宗教に関する問題が管理者によって存在する
設備が整っている霊園を選ぶことがポイント
霊園選びで失敗をしないために
霊園の管理状況や環境などを確認
指定石材店制を導入している多くの民間霊園


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)まるわかり霊園NAVIGATION